上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にアクセスカウンターのリフェラーをチェックした。

『九州・沖縄の釣り世界』という所からのアクセスが多い事に気付いた。

早速見てみる事にした。

福岡の釣り世界には・・・。

一平ちゃんトコの『ばすの停留所』がリンクされている。

むらさんトコの『Rock Sleep Fish』もリンクされている。

お二方・・・なかなかやりますな~♪

           と、思っていたら・・・


オイラのブログも『佐賀の釣り世界』で発見!


なんでじゃ~??

更に、釘んトコの『kugi guide service』も発見!

『長崎の釣り世界』でMさんトコの『九州のさん人会』と・・・

マッチャキんトコの『火曜日のマッチャキ!』

運ちゃんトコの『運ちゃん愛の手掴み』
をも発見!


他にも色々あったです。


ココって・・・ちょっぴり有名なのかぁ~? 


じょ~じんトコの・・・『サンデーアングラーじょ~じ山本の釣り日記!』

・・・無いな! ( ̄ー ̄)ニヤリ
2007.04.28 割勘要員
『割勘要員』・・・毎度使っているこの言葉。自分でも分かってはいるのだが相当聞こえが悪い!

しかし自分で言うのもなんだがその実かなりの優遇した殿様釣行の招待ではなかろうか!?と思う。恩着せがましく思われ勝ちなので言いたくはなかったのだが、この言葉に対する批判の声を人伝てに聞いたのでやむなく説明する事にした!

通常オイラのランドカローラ100で行き往復オイラの運転プラス燃料代はタダ!行き先が平戸・崎戸方面ならば都市高速往復分の1200円+復路の今宿・拾六町区間の150円・・合計1350円は経費で落とす為必要なし!つまりは平戸だったら1400円前後・・・崎戸だったら2000円弱をオイラも含めた人数で均等割りをする。3人での釣行だったら平戸@500円弱・崎戸@700円弱という計算になる。

これが平等な均等割りかどうか疑問に思われたのか(?)、かえって気兼ねされて不本意ながら同行を拒否される方も過去には居た。

これはオイラ的の変な発想の元であるのだが、気心が知れたいつものメンバー以外の方を釣行に誘った際に全費用を割勘した場合、燃料は会社のカードを使って入れるワケだしオイラ自身はプラスになってしまう。釣行費用を浮かす為に誘っていると思われそうな気がしないワケでもない。という感情に時々襲われる事がある!オイラの気持ちをスッキリするが為ではあるのだが、オイラを含めた形での均等割りをお願いしている。されどオイラも小遣いは少ない方なので実費で給油した燃料代を含めた全額を均等割りされたのではちょいとキツイものがある。釣行回数がおのずと減ってしまうというもの!経費で落とせるものは落として残りを割勘すれば・・・という考えの元である。

気軽に誘いを受けて下されば幸いかと存じます。
2007.04.15 原点復帰?
本日4月15日・・・海技免状の更新日

我祖先の故郷である箱崎港付近にあるオーシャンへ向う。
先日釣行を共にした竜さんは時間励行で先に到着していたが、オイラは免状更新のついでに近くの海で釣りをするべく部屋に置いているエギングロッドを嫁と子供達の目を盗んで持ち去るタイミングをはかっていた為少々遅れ気味の到着と相成った。

更新は難なく11時頃までには終了した。

本来ならば先週釣りに行っている為今週は家族サービスとなる訳だが、嫁には昼頃までには終わるとアバウトに告げ家を後にしているので、13時くらいの帰宅ならばなんとか言い訳出来そうである。

志賀島か奈多・・あるいは新宮か・・・。
往復で1時間前後・・・実釣時間1時間弱・・・。

う~ん・・・ちょっと厳しいかも?

悩んだ末・・結局は諦めの境地で往路5分弱の箱崎港岸壁で糸を垂れる事にした。

IMG_0274.jpg

... 続きを読む
残り3回で爆釣しなかったら・・・

4月8日・・野母詐欺へ行く事にした。これまでのこの地の釣行計画は「ただなんとなく・・・」って感じで、決して的を絞って赴いていなかった事と、その日の釣行に於いても戦略というか攻め方というか・・今振り返るにあまりにもに雑だったんでは?・・と、今更ではあるのだが最近気付いた。釣果に恵まれた人の話しだけでその地の秘めるポテンシャルに頼りきっていた感が無きにしも非ず!・・だとすれば、『野母詐欺』を『野母咲き』に変換させるのはいたって簡単なのではなかろうか!?

... 続きを読む
長崎県最西南端に鋭くとがったナイフの様な形状をした半島がある。東に雲仙・天草灘を望み、西に五島灘をひかえた暖地性の温暖な気候を有するこの地を野母崎という地名でいにしえの昔より呼ばれているらしい。

しかしながらこの地を訪れる釣り人はその地特有なる(?)魔力的なものに支配されている様にも思われ、その地に魅入られし者は『野母咲き』とその地を讃えその地に見放されし者は・・・

野母詐欺 と、その地を蔑む!!!

・・・かくいうオイラもその地を『野母詐欺』とさげすむ者の一人である。2005年9月18日にこの地を初めて訪れた日より幾度か訪れる度にその都度数々の災難とも思われ勝ちな試練がオイラに襲い掛かって来た。当時素人エギンガー代表であったバスプロ“釘”とその時連れられて来たエギング初挑戦という高校生と共に『なんちゃってエギングロッド』と・・これまた『なんちゃって250円餌木』を用い隣で『嫌っ!』というほど逝わされた忌まわしい事件もその一つであり、決して拭い去る事が出来ない心の傷として未だに刻み込まれている。

何時しかその地に見放されし者の烙印を押されたオイラは、逆にその地を呪われし半島として封印しマップ上から消し去り未来永劫不踏の地とする事を決意する。しかしながらその地を『野母咲き』と称し商売柄かは抜きとしてもその地を絶賛する者のひとりであるマッチャキは言う!「後、3回は行って下さい。絶対好きになりますから・・・」

短絡的な思考回路を持ち合わせるオイラはその言葉を安易に受け止め、自身の『野母詐欺』嫌いを克服し、その名を改名すべき念に取り憑かれ計画を練る事とした。釣行可能な休日でこの時季最も最良な日を選出しその計画を遂行するとした!  (つづく)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。