上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月19日釣行予定のメンバーのうち1名が所用で欠けた事と
北西9メーターの予報にイモ引いて、急遽予定変更をして3月21日に釣行を振り替えた。

3月21日といえばWBCの決勝戦が行われた日。
この日にもうひとつの壮絶な戦いがあった事をここに記します。




今回の釣行予定地は『野母崎』!
ちょっぴり苦手意識はあったがリベンジしておかなければならない地。
そう・・・あれからちょうど半年!
この地、野母崎を訪れるのは昨年の9月18日以来。
散々な釣果に終わってしまい、その名も『野母詐欺』と呼ぶようになった。

拭い去れない苦手意識を克服するには、
ガイド的存在の人物と同行するのが一番良いと思った。
早速この地に詳しいNeedsの店長マッチャキ
メッセンジャーでダメ元だろうけど冷やかし半分で誘いの声を掛けてみた!


「明日、店を休め!」


釣行当日は店の定休日である火曜日ではあったが、
祭日でもあり店を閉める訳がないであろうという前提の下。
いわゆる完全な「嫌がらせ」である。

答えは当然「NOぉ~」・・・ガイドは断念した。。。

それにしても・・・
やはり、ただ単にリベンジという目的で釣行するには今一スパイスに欠ける。

ある男に携帯メールで『果たし状』を突き付けてみた!
「明日の朝、野母崎の大漁橋で待つ!・・・逃げるなよ!」

送信したのは出発日の数時間前である昼過ぎであった。(笑)
只の嫌がらせメールにしか思えないこのメールに返信があったのは夕方。
「果たし状っすかぁ?こら受けとかなんばってん・・・」
ヨシヨシ♪・・・充分過ぎるほど悔しがってるな!・・・思惑通り♪
(単なる嫌がらせメールであった♪)

しばらくして・・・「だいぶ行く気ですけど・・・」のメール
おょょ?・・・こいつヤル気だしてきたな!?
トドメのメールを送信!→「・・・泣いて帰るはめになりますが、それでも来ますか?」
速攻、携帯に着信アリ!


「勝負じゃ~!!」


その男・・・とは
2005年度のスーパーバスクラッシックで2位という
素晴らしい戦績を残した元JBWプロのkugiちゃんであった。

この男・・・キケン過ぎるほど釣りが上手い!
過去にオイラが身を投じていたバストーナメントにおいて、
天才と感じられた数人のうちの一人。
彼もこの餌木ingブームに類に漏れず、
最近めっきり烏賊中毒患者になっている模様。
地元の某ショップでは警戒令も発せられている!
「ヤツにエギングテクを教えちゃいけない」と!
天才的なコヤツは凡人のオイラには理解し得ない
抜群な釣りのセンスを持っているにも関わらず、
他人の技を吸収する能力とそれを応用する能力をも
ズバ抜けて他を逸している。
きっかけを作っちゃならないと(?)
これまで共に釣行する機会を避けていたのだが・・・




今年初の野母崎に朝が訪れた。
開始早々、オイラのロッドが幸先良く(?)いの一番に弧を描く♪

NOSS餌木・・・最高♪

まずまずの500g(♀)

しかしこの場所では濁りもあったせいか後が続かず移動する事に!
kugiの提案で上げ潮の一番良い時間帯に
岬周りの地磯に入る事を前提に、
そこに辿り着くまでの道のりの漁港を攻めてみる事にした。

漁港到着後1投目にして同行していたマッチャキのお兄ちゃんにHIT!
すぐにkugiの竿も弧を描く!
更に、kugiに同行してきた高校生にも!・・・
しかし彼はランディングに手間取っている様子。
テトラに張り付かれたのかと思いダッシュで駆け寄るが、
なんとか無事にランディングに成功!
そして、ダッシュで駆け寄って来たオイラに気付いたのか、
その高校生が労い混じりの満面な絵顔で一言・・・
「生まれて初めてイカ釣りました♪うれしいですぅ~」

オイラは心の中で思った!・・・
「中々好感が持てる良い子供じゃないか!?」

そして暫し沈黙したがそれぞれ取りあえずの1パイに
和やかなムードで雑談交じりの釣りになっていた。
そろそろ地磯に移動しようかとした時、
ふと見ると・・・
またもやシレェ~っと高校生の竿が弧を描いているではないか!?
「ビギナーズラックちゃ恐ろしか!・・・ハハハ♪」
皆が口を揃えて言った。
名残惜しい雰囲気ではあったが、
そろそろ時合いと感じその漁港を後にする。




岬周りの地磯到着後、またまた高校生の竿が・・・

ビギナーズラックちゃ・・・(汗)


この後もこの高校生のワンマンショーが続く。。。
オイラはプライドを捨てた!
高校生にアイコンタクトを取りそのスポットに投げさせてもらうも・・・
それまでオイラが居た場所で高校生の竿が弧を描く!

オイラは心の中で思った・・・「中々嫌味なヤツじゃ」

kugiも離れた場所で釣れている模様。
お兄ちゃんにも・・・
むむむぅ~



オイラには地球しか釣れんのに・・・何故?・・・・灰になった。




しばしの時を経て・・・
タダでは転ばないオイラにも待望のHIT(?)が・・・


何じゃこりゃ~???

皆が集まりその物体を見つめる。
お兄ちゃん:「ナマコ?」
オイラ:「いやっ新種のイカじゃ!・・・だって足あるし」
kugi:「な~んすかソレ?ぎゃははは」
オイラ:「ほれっエンペラもあるし・・・やっぱイカじゃんの?」
オイラ:「もしかしてコレが巷で聞くダンゴイカ?」

餌木で突付いていると・・・


ぎゃぁぁぁ~!

オイラ:「ほれっ!墨吐いたけんやっぱイカじゃんの?」(ちょっと得意気♪)

新種じゃぁ~♪



岬の突端でギャ~ギャ~騒ぐオイラとkugi&お兄ちゃん。
その輪に加われずに居た本日ノーバイトのまんぷく君が「ボソリ」と言う。


「それ・・・アメフラシです。」




雨降らしぃ~???




まんぷく:「ウミウシの仲間です」
kugi:「ぎゃははは~♪」

アメフラシ?



良く見ると・・・



なるほど!



・・・。



虚を突かれ吐いた言葉・・・









「釘!お前にゃ~釣りきらんめぇ~?」




kugi:「ぎゃははは~・・・ハイ!釣りきらんです」




しかしkugiは狙っていた!
どんな形にせよ負ける事は大嫌いの(?)
トーナメンターkugi
早速やってくれました!
流石としか言いようがありません。。。

ヒトデじゃんの?


立て続けにもう一発!

ナイスなカブじゃんの!?


更に・・・


キロじゃ~と騒ぐkugi


本日最大の900gでオイラはKO負けを喫した。





オイラが何故釣れなかったのは別として・・・





kugi同様の負けず嫌いなオイラが思うに・・・





今日の敗因を挙げるとするならば・・・














250円餌木・・・恐るべし!

マヂ恐ろしか餌木じゃ

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。