上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.03 手術?
腫瘍
いきなり汚い顔でスンマセン。。。

最近、オイラを見かけた人はご存知かと思われますが、右頬下にはいつも絆創膏が貼られています。

「どうしたんですか・・・それ?」と聞いてくる人もしばしば・・・。

いつも明るく「若いけんニキビ!」と言って返している。

しかし長期に渡って治癒されないこのニキビ!

本人とて心配していないと言えば嘘になる。

嫁が心配してか・・・「医者に診て貰いなさい」と言う。

母も・・・「一応、医者に診せたほうが・・・」と言う。

父は・・・「そりゃガンだ!手遅れだが一応医者に・・・」

渋々病院に行く事にした。

とりあえず総合病院の皮膚科で見てもらう事にした。

待合室は爺と婆ばかり・・・
紅一点若き女性は受付の人・・・マスクはしているが結構好みのタイプかも!?
されど軽い問診をした後は当然の如く彼女とお話しする機会なぞ訪れようはずもない!
この暇人達の後に呼ばれるのかと思うと帰りたくなってきた。
(何しに来たんだ?当初の目的を忘れてないかい?って感じ。。。)

10分くらい過ぎたであろうか!?
若くて綺麗めな女性が患者として訪れた♪
これでこの退屈で暇なひと時をエンジョイ出来そうだ。
(すっかり暴走状態に陥っていた。。。)


自然に語りはじめて・・・と思った瞬間!

「○○さ~ん1番にお入りくださ~い」
(チッ・・・呼ばれちまった!)

どうせドアの向こうにはイカツい医者が居るんだろうな!?
夢のひと時はどうしてくれる!?
とブツブツ言いながらドアを開けると・・・


ないす♪み~ちゅぅ~。。。

若くて綺麗な女医さんであった♪



手術の同意書


2月7日に軽い摘出手術をするから、同意書にサインをしてもう一度来て下さいって言われました。

ただの「おでき」みたいなものですが、摘出しないと中々直りません。取っちゃって『スキッ!』としましょう♪って言われました。


なんだかドキドキしちゃうなぁ~♪




あっ・・・いや・・・別にやましい気持ちなんてありません。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。