上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はいは~い♪・・・またまたまた行って来ました咲き都島!

1D1000003.jpg


今回で3週連続となった咲き都
そろそろ数釣りを辞めとかないとあちこちから非難の声が上がりそう!?
そんな訳で今回は3.5寸以下の餌木使用を切り捨て、4寸~4.5寸で咲き都を斬ってみる事にした!


10月8日のこの日・・・本来なら『九州のさん人会』主催のライトジギングに参加したかった!
しかし前の週に連休が度重なり弱小零細企業の我社が休みになろうはずもなかった!
しかし、勇気を振り絞り(?)ダメ元で一応休みの申請をした!
・・・が
当然のように(?)あえなく却下されてしまった。

ところが!
それは7日金曜日の23時過ぎの事だった。
パチンコ屋から帰宅した社長(親父)が『ボソッ』と一言!

社長:「明日、お前休みたがってたな?」
社長:「休んでイイよ!」
・・・と、何の前触れもなく言い出した!

管:「もう遅いよ!」
管:「なんで今更言うん?」
管:「明日仕事するよ!」
・・・と、言い返すと

社長:「いや!休みにする!」

どうやらパチンコに勝ったらしく、明日は開店ダッシュをしたいらしい!?

毎度毎度の事ながら・・・

何ちゅ~社長やねん!?


嫁と休みの調整を取り急遽8日に釣りに行けるようになった!
8日深夜0時過ぎの決定事項に誰を釣りに誘えようか!?

今回も一人旅と相成った!

【8日2時40分】咲き都に到着する。
バタバタ出てきてしまったので現地で潮や天候を携帯サイトでチェックした!

ガ~~ン!

日中は北東の風5~6メートル?
堤防シイラ初デビューに相応しかったのでは!?

そうそう一人じゃ何もならん!と思い返してタックルの準備にとりかかった!


まず最初に入ったのは前回と同じくOだ尾港!
既に北東の風が強くキャストした4寸の餌木は気持ち良いほどに距離を延ばしていった♪
気持ち良かったのは飛距離だけではなかった!
それは・・・1投目からイカが抱いてきたからである♪
到着後のウォーミングアップを1時間で切り上げて就寝に入る事にした。

既に5ハイゲットして気持ち良く・・・zzz
先週に比べ遥かに型が良かった♪


【AM5:30】目覚ましが鳴り出す前に起床
今回はカマス狙いの例のオヤジをギャフンと言わす予定だった!
全てのリールにはPEが巻いてあった為、1つだけナイロンラインに巻き替えての本気モードであった!

【AM5:45】空が次第に白みかかってきた
まずはミノーとシャッドタイプを使ってみることに!
・・・。
・・・。
・・・。
おかしい!・・・アタリがないのである!

次にジグヘッドリグを投入!
・・・。
・・・。
・・・。
あれれ?・・・アタリがない!

次に秘密兵器を投入!
・・・。
・・・。
・・・。

時間の無駄であった!・ili・. _| ̄|○ .・ili・.

いや!・・無駄ではなかった!

それまで敵意を抱いていた『カマス狙いのおっちゃん』と互いに引き攣ってはいたが・・・笑顔を交わしてその場を撤退できたからである。・ili・. _| ̄|○ .・ili・.




気を取り直してエギング再開!
第一投目・・・

よっしゃ~♪

700グラムの♂をゲット♪

今回は前記述通り餌木は4寸以上を使用した釣り方!
ショアべったりのコロッケには目もくれないと心に誓っている!

深夜に引き続き・・・幸先の良いスタートであった!

調子に乗った管理人は4.5寸の餌木を投入する。

よっしゃ~♪

500グラム強の♂をゲット♪

わっはっは・・咲き都最高♪



束の間の幸せであった。。。

合計7ハイ♪
いずれもキーパーサイズであった!
・・・が、
この時までは今日の異変(?)には気付く筈もなかったのである。


それは、朝の2ハイを釣って気分良く朝食を取り終えた後の事だった。

1時間・・・全くアタリがないのである!

ブラインドで攻め続けて1時間シャクリ倒してノーバイト!
この時期には結構ツライ作業であった。

しばらくして・・ある出来事が脳裏をかすめる!
そう!朝のカマス不調が要因か!?

・・・。
途方に暮れてしまいそうになった。

しかし、その原因は直に分かってしまった。
途方に暮れたその目線に漁師の定置網が飛び込んできた!

な~んだ!そ~ゆ~事だったんだ♪

場所を変えることにした!


次に向ったのは通称タヌキ島である。

しかし、ココでもイカの反応が無い!
やはり4寸以上にこだわっていてはならないのであろうか!?

そう思った管理人は釣法を変える事にしてみた。
先週まで好調だったブラインドエリアからのバキューム&サイトエギングに!
心がチクリとしたが3.5寸を使用してみた!

真相は明らかになった!

イカのスクールをバキュームしてこない!
仮にバキューム出来たとしても数投に1回の割合でバキュームしてくるのは単体であった!
更に最悪な事にその単体のイカは攻撃色になっていない事だった。

「はぁ~ただ単に活性が低かったのね!?」

バキュームしてきたイカが小さかったら無視して再度沖合いから別の固体をバキュームをしてくる。
サイズ次第ではソコからイカにスイッチを入れなければならない。

ツラい・・・辛過ぎますぅ~

さらに追い討ちをかけるかの如く・・この時期特有の事態が発生するのである!
そう!スズメバチ&クマンバチが飛来してくるのである。
シャクる時に発生する「シュッ・・シュッ・・」という音に反応するのであろう!?
幾度となく遠く彼方より飛来してくる!

管理人は大の蜂嫌いである!

嫌過ぎる!
蜂に気が付かずシャクった竿が蜂にかすめようモノならば・・・サイアク!!
蜂を気にし過ぎてリズムも狂い出す。。。


なんかヤル気をなくして昼の12時に納竿した。

キッチリ30杯ゲット→17杯キープ


今回も服はイカ墨でまっ黒になった。

だが、その他にも収穫はあった!
こういった状況下で・・・ただ単に「活性が低かった」と思うのは間違いではなかろうか!?という疑念を抱くことが出来た。
想像域ではあるが・・ある仮説を立ててみる事にした!

エギングの奥深き所に繋がる更なるドアを見つけた様な気がする♪



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。