上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0301.jpg


管理人が得意とするエギテクを紹介する。
それはイカをブラインドエリアからバキュームしてサイトに持ち込んだ後の釣法である。


 ブラインドエリアからイカをバキュームしてくる!
 それは単体の時もあればスクールしている時もある。
 その時の状況なのかスイッチの入り具合もマチマチである。
 それによって釣法も変わってくるのだが、
 スイッチが入った状態でのスクールしているイカが、我先に餌木を抱こうとしていた場合を想定する。



①まずは・・・イカを目視する事が出来るラインまでは、餌木を抱かせないタイミングで餌木を操作してバキュームしてくる。

②次に、イカの個体差を確認する。
(往々にして1スクールには個体差が違うモノが混じっているから、そのスクールをドコまで釣り続けるかを把握する為に。)

③先頭を切って来たイカに餌木を抱かせる!

④アワセちゃいかん!

⑤ジッと耐えてれば餌木を放す!

⑥約20㎝程フリーフォールさせて2回程ショートジャークを入れ餌木をステイさせるかテンションフォールを掛ける。

⑦今度は先程餌木を抱いて放したヤツの背後に居たイカに餌木を抱かせる!

⑧アワセちゃいかん!

⑨ジッと耐え・・・

⑩スクール全体の反応次第で餌木をピックアップしてしまう!
獲物を見失ったイカ達はその場にステイしている。

⑪まだ投げちゃ~いかん!
イカ達が少しずつ後退し始めるまで待つ!

⑫スクールの斜め後ろ10メータ辺りにキャストする。

⑬HPSJでスクールの横まで餌木を持って来てテンションフォールを掛ける。


⑭後は気が済むまで釣ってくれ!って感じ♪

とは言ったものの、気が済むまで釣れない場合もあります。・・・あしからず。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ikaikasoh.blog22.fc2.com/tb.php/24-bc793325
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。