上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初にことわって置きます。
管理人は釣り雑誌等を購入しないタイプの人間です。
雑誌等で既に紹介させている記述とダブる場合も考えられます。
その際は、決して転載ではないという事をご理解下さい。




あなたは夜もエギングするタイプの人ですか?
一言で『夜』といっても月齢周期の関係で月が出ていない『闇夜』の時と月が出ている『月夜』の時がある。

一昔前(?)・・・そう!昨今のエギングブームになる以前の話しである!
当時のイカ釣りは餌さ釣りが絶対的主流であった頃の話しである!
当時、福岡・佐賀近郊のイカ釣りは一般的に夜に行われるものであった!
そしてそれは外灯などが設置されている漁港等の場所での釣りであった!
絶対的概念に誰しも疑う事はせず、夕暮れ時間帯から明け方までの釣りであった!
当時のイカ釣り師達は口を揃えて言った!

『月夜』ではイカは釣れない!

全然釣れないという訳ではないが『闇夜』の時の方が圧倒的に釣れると言うのだ!



管理人は当時のイカ釣り師達に呆れ返って居た!

フツーに考えてみても分かると思うが、あえて当時のイカ釣り師達に問うてみた!

①イカは何故夜にしか釣れないの?
 日中は捕食しないの?
回答例:「それは日中は外敵から襲われる危険性があるから!」

②『月夜』は何故釣れないの?
回答例:「それは月明かりが海中まで照らされて外敵に襲われる危険性があるから!」

これで更なる疑問点が浮かび上がったがそれは問う以前の事柄であり、それまでの当時のイカ釣り師達への質問が無意味であった事を裏付ける事が出来た。
そしてそれは今まで定説として掲げられていた『月夜は釣れない』が間違いであるという事を!
また、いわゆる『俗説』であるという事を決定付けされるものである。

「じゃ~月夜の周期はイカは断食してるの?」



前置きはこれ位にしておきましょう♪

【ナイトエギング(月夜編)】
今の時期にはあまり該当しないのであるが・・・
これから先の話し・・・季節的に言うと春~初夏にかけての話しである。
月夜の周期・・・しかも大潮や中潮廻りの日中にイカは期待に反して釣れない。
何故なんだろうか?
その答えは未だに明確には出来ない!
しかし、夜に関しては別問題である。
管理人は言う「月夜の周期は夜釣って朝になったら帰れ!」・・・と!
この周期のナイトエギングは爆発的に釣れるからである。
日中は釣れない訳ではないが物凄くスローな釣りで、しかもショートバイトである。1日中シャクって2桁釣るには厳しすぎる!
故に(?)寝るか帰ったほうがマシだと思うからだ!



ナイトエギング・・・夜はやっぱりドコか淋しげ
幽霊とかに弱い管理人はコンスタンスに釣れ続けるにはどうしたら良いか考えた!
そして管理人はある仮説を立てたのである。

①月夜は月明かりが海中までも差す。
②月明かりが海中を照らしてるとはいえ、夜である事には違いは無い!当然視界も狭まれているに違いない。
②されども・・・イカはフィッシュイーターである。この月明かりを利用しているに違いない!
③ボトムレンジで上を通過するベイトのシルエットが映し出されるのを期待しているに違いない。

そして管理人はある方法を試してみた!

投げて巻くだけ♪

意外と釣れてしまう釣法であった。



【投げて巻くだけ釣法】w
餌木をダートさせない事により視界が狭まっているであろうイカに、またはベイトのシルエットを伺っているであろうイカに餌木の存在を強くアピールする事が可能になる。

①ドラグをユルユルに調整する。
投げて巻くだけ故にラインテンションは常に張った状態にある。突然のバイトに対応する為である。
②思いっきり遠投する。
この時、ロッドは長めのモノを使用すれば飛距離が出る♪
③『勘』でミドルレンジまでカーブフォールさせる
④ゆっくり巻く
バス釣りで言う所の「春のシャロークランク」並みのスローリトリーブ
⑤巻くのをヤメて餌木をカーブフォールさせる。
そのまま巻き続ければ水面から顔を出すのでそれを防ぐ為に・・・

④と⑤を繰り返し行う→バイトが無ければ②からやり直す。

バイトがあった場合はユルユルにドラグを調整しているので、ドラグが鳴り始めラインが出て行く!

⑥慌てずにベールを開放してやり1回シャクリを入れてラインを弛ませる。
⑦開放したベールを元に戻してドラグ適度に締めてラインが張るのを待つ
⑧ラインが張ったらアワセる
⑨ランディング

意外と地味っぽい釣法ではあるがツボにハマり易いので結構面白いですよ♪



最後に・・・
イカをランディングする際にはネットかギャフ(落としギャフ含)を必要とします!
ナイトエギングに於いては殆どの方が上からライトで照らしています。
しかし、管理人はケミホタルのLサイズ以上のモノをギャフの先端に装着してます。
これだと上からライトで照らすより数倍の明るさが得られます。
・・・一度お試し有れ♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ikaikasoh.blog22.fc2.com/tb.php/21-e6d2357b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。