上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドコかのタイトルをパクりました♪


9月23日は子供の運動会だった。

役員の仕事に疲れ果てている妻が居た!

管理人は労わりの言葉を投げ掛けた・・・

「お疲れ!明日はゆっくり休んでなさい!」

妻はぐったりとした様子で・・ようやっと・・・

「うん・・・ありがとう♪」と言葉を返してきた。

子供達にも・・・

「明日はドコへも行かない!」

「そのかわり明後日は遊びに行くよ!」

と無理矢理(?)・・・納得させた!



そして・・・


妻が言った!・・・


「行ってらっしゃい!」


管理人は思った・・・


「スルドい奴!」


そんな訳で9月24日は釣りに行ける事に相成った♪

今回は急遽釣行できる様になった為・・・当然1人で釣行せねばならない!
前回の『野母詐欺』の失敗(?)を踏まえ入念に釣行場所をドコにするか1人で練った!

① 再度『野母詐欺』に挑戦してみるか!?

いやいや・・・そんな金は無い!

② この時期は『生月』のシイラのシーズン!好調との情報もある!

いやいや・・・そんな度胸は無い!
知る人ぞ知る!この時期の平戸・生月のシイラゲームに集まる釣り人の数は半端ではない!釣り人の人相も半端ではない!(汗)一触即発な状況で喧嘩は日常茶飯事らしい!?

という事で『咲き都』に行く事にした!

この時期のライトエギング・・・要は秋の小イカ(通称コロッケ)狙いのエギングは数釣ってナンボの世界である!
「2桁は余裕です♪」「1日で30はいくでしょう♪」
ドコのサイトを開いてもそんな言葉が書かれている!

ブログ名『烏賊烏賊荘』・・・
管理人はこの挑戦的な言葉に打ち勝つ必要性を感じた!


【24日 AM2:30】咲き都に到着!
まずはO太尾漁港をチェックする・・・人影無し♪
さっそく車を降りて外灯廻りの明るい所から実釣開始!
サクサクっと3杯ゲットして明け方まで寝る事にした。
水面下にはイカが捕食しているのが見える。
月夜の大潮だったらそのまま明け方まで釣りしてないと日中は全く釣れないという状況になるが、今日は月夜ではあるが中潮ということで日中もイケると判断した!


【AM7:00】起床!
(寝坊しちまった!)

マヅい!・・・先行者が居る!
少し焦りつつ準備に取り掛かる。
その僅かな時間だがその先行者を見ていて更に焦る!

・・・釣れてない!

やはり寝るべきではなかったのか?・・・自問自答をする。

不安を抱きながらも波止に立ち・・・第1投!


「ジジジ~♪」

釣れるやん♪

第2投!・・・・「ジジジ~♪」

わっはっは♪・・・楽勝~♪

先行者の羨望なる眼差しが更なる快楽に導かせる♪


だが、ここで管理人は向い側の波止に立つ釣り人に目が行って固まりかけたのである!
何やらハイピッチで魚を釣っている!しかもルアーで・・・
目を凝らして良く見ると・・・それはカマスであった!
管理人はカマスが大好物なのである!
早速カマス用のルアーに換えてみたがコチラ側では反応無し!
ならば!と場所を向い側の波止に移す事にした!

実は管理人・・・カマス釣りには少々腕に自信があったりもする!
食欲も手伝ってか(?)半日で100尾以上釣る自信があったりする♪

NEC_0026.jpg

↑は過去の画像(6時間で120尾超)です。


いそいそと車に乗り込み向い側の波止を目指した!
カマス用のタックルを本格的にセットして出陣しようとしたその時だった!
先程までカマス釣りをしていた人とすれ違う!
その人の手には30㎝程のカマスが20尾程入ったビニール袋!

管理人はその人を称賛しつつ言葉を掛けた!

「いや~良い型ですねぇ~!」

その釣り人は言った・・・
「ん~?アンタはイカ釣りね?」

管理人:「はい!」
釣り人:「今の季節はイカは小さいけん釣ったらイカン!」(アッコちゃん風のボケなのだろうか?)
管理人:「あっ!小さいのは逃がしてます(汗)」
釣り人:「フン!・・・俺は200g以下は釣る価値無しと思ってるから今はイカ釣りはしないよ!」

そう言い残してその釣り人は意気揚々として通り過ぎて行った!
管理人は寛大である!
その釣り人の竿に餌木がセットされている事実と豪語してる割にゃ~『200g』という低い数値に目をツブル事にしてやった!


なんかシラケてしまった!・・・と同時に最初の目的を思い出した!

『挑戦的な言葉に打ち勝つ必要性』

カマス釣りはヤメることにした!

あの釣り人の言う『200g超』をキーパーサイズにする事にした!
使う餌木は3.5寸と4寸。釣り方はブラインド。
勿論、サイトで見える小さなイカは完全無視!

気を取り直してエギング再開!

沖のハンプやウィードパッチをピンで狙っていく。(←ちょっと過剰表現)
コンスタンスに300g前後がヒットする。
どうやら年に数度しかない潮に巡り合ってしまった様である。
4寸の餌木を何のためらいも無く抱いてくる。

こういった状況でその場に居続ければかなりの釣果に繋がる。
だけど、お調子者の管理人の悪い癖なのか?
本日貸し切り状態に対する余裕なのか?

・・・・移動する事にした。

Dソルト前付近でもサクサクっと3杯
(Dソルトの従業員の目が光るのを感じて移動)
役場横GS前でもサクサク♪
(仲良しのGSの社長さんに挨拶して移動)
病院前では無数に居る豆を外しながらサクサク♪
(豆がウザいので移動)
RV村前でもタヌキ島付近でもサクサク♪
(風が強くなったので移動)
ドコに行ってもサクサク状態♪

トータル40杯くらいまでは数えていたが分からなくなった。
サイズ(胴長)も手をグーパーグーパーするかのようにマチマチ。
最後に立ち寄った漁港で10杯程釣った所で昼の12時。
キープしたイカを数えると35杯を超えていた!
トータルは・・・50?・・・60?

何か・・・『もうイイ!』って感じで帰路につく。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ikaikasoh.blog22.fc2.com/tb.php/18-fe15a1ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。